旅もじゃ 地元から旅が始まるきっかけサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.12.22

【★動画有り!ご当地映像の裏側】『別府温泉の男達』(大分県別府市)

―もじゃ
全国のご当地映像の裏側を紹介するこのコーナー。
今回は再生数が30万回を超えた『別府温泉の男達』(※写真①~④)の紹介に電通九州の左俊幸さんが来てくれたもじゃ!
左さんこんにちは。
早速ですが、このプロジェクトはどういう経緯でスタートしたんだもじゃ?

―左さん
こんにちは、もじゃ。
2016年4月に発生した熊本地震。実は別府市自体の被害は少なく、宿泊、観光施設共に通常営業していたのだけど、風評被害により観光・宿泊客のキャンセルが推定約11万人にも上ったらしいんだ。
また、地震が起こったのがゴールデンウィーク前だったこともあり、観光都市である別府市は大きな影響を受け、前年比33%減と事態が非常に深刻だったため、夏の観光シーズンに向けて「別府市が元気であること・通常営業中であることをPRしたい」という別府市様のご意向で、今回この動画が作られることになったんだよ。

―もじゃ
熊本地震が起こったあの時は、突然の事に日本中が驚きと悲しみに包まれたもじゃ。
それではこの映像の目的とは?

―左さん
とにかく観光・宿泊客が減っていることがクライアントさんの悩みであり課題だったから、夏休みに向けて観光・宿泊客を増やしていくことがCMのいちばんの目標だったんだ。
その目標のために、とにかく別府に注目を集め、別府が元気であることをPRし、そして観光・宿泊客を増やすきっかけになればいいなと考えたんだよ。
もっと言うと、地震をきっかけに九州全体の観光が落ち込んでいたので、別府のみならず、九州全体が元気になるきっかけになればいいなと考えていました。

―もじゃ
本作からはとてもポジティブなメッセージが伝わってくるもじゃが、このアイディアはどこから生まれたんだもじゃ?

―左さん
企画を考えるにあたって難しかったのは「別府は元気です!」みたいなメッセージを発信したときに「地震によってシリアスな被害を受けられている方々にどう思われるのか?」という点だったんだ。
その視点で考えていたときに、「別府は元気です!」と言って不愉快じゃない、嫌味じゃないのは、タレントさんや著名な方ではなく、お客様が来なくてリアルに困っている別府の地元の方々ではないかと考え、それをストレートにCM化したんだよ。
ただ、それを0から作ったCMで注目が集まるかどうか不安だったので、過去話題になり、なおかつ同じ制作チームで作っていた「別府競輪の男達」のパロディーCMにしました。

―もじゃ
周囲の反応や反響はどうだったもじゃか?

―左さん
出演者をはじめ、各施設とても好意的で喜んでもらったんだよ。
また、「九州ふっこう割り(政府による熊本地震で影響を受けた九州への観光支援)」の直前だったため、誘客にも繋がったんだ。
ウェブやテレビ等でも取り上げられ、広告費換算は約3億6千万円(2016年6/20~7/21期間)にもなったんだけど、とにかく「別府に行きたくなった」の声を多数いただけたのが嬉しかったな。

―もじゃ
ボクもこの映像を観て、別府温泉に行きたくなったもじゃ!
左さん、今回は貴重なお話ありがとうもじゃいました。
さて、本作は「第6回観光映像大賞」2016年8月1日~10月15日期間中に応募のあった作品から「旅もじゃ賞」に選ばれているもじゃから、このページを読んでいるみんなも以下のリンクから要チェックもじゃ!

■今回の映像
『別府温泉の男達』
>>動画はコチラ

■今回の紹介者
左俊幸(電通九州)+制作会社ランニング
「面白いCM」や「人のいいCM」を作るのが得意なチーム。企画・撮影・編集のすべてをチーム全員で話し合いながら制作する。主な仕事に「別府温泉の男達」「別府競輪の男達」「五ヶ瀬ハイランドスキー場」「髙山質店」「三好不動産」など。

■■別府市のある大分県の旅動画をチェック!>>大分県

取材協力:別府市ONSENツーリズム部 観光課様

■ご当地映像の裏側アーカイブ >>一覧はコチラ

閉じる

動画投稿フォーム

閉じる

Mail Magazine

旅もじゃでは、旅の魅力を伝えるキャンペーン情報など定期的にメルマガにてお届けします。※登録料は無料です。

もじゃからメールがくるよ!