第7回観光映像大賞 映像作品公募スタート!

旅もじゃ 地元から旅が始まるきっかけサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.01.10

【★動画有り!ご当地映像の裏側】『The Land of Sunshine(ザ・ランド・オブ・サンシャイン)』(岡山県)

全国のご当地映像の裏側を紹介するこのコーナー。
今回は2017年度第1回旅もじゃ賞に輝いた岡山県のPR動画『The Land of Sunshine(ザ・ランド・オブ・サンシャイン)』(※写真①~③)について、岡山県総合政策局公聴広報課の方にインタビューを行いました。
NHK連続テレビ小説「わろてんか」など、俳優として活躍中の前野朋哉さん(※写真⑤)が監督したことでも話題の本作、さてどんな裏側があったのか早速伺っていきましょう。

―撮影された場所について教えてください。
岡山市北区にある「岡山後楽園(※写真④)」で撮影されました。
年間80万人以上が来園する日本三名園の一つで、日本庭園の集大成として世界に誇る、江戸時代を代表する回遊式庭園として、ミュシュラングリーンガイド・ジャポンで3つ星評価も得ています。

―動画制作のきっかけを教えてください。
晴れの日(降水量1mm未満の日)が日本一多い岡山県は、「晴れの国おかやま」をキーワードに様々なPRを行い、県の認知度向上、観光誘客、移住や企業誘致促進などを図っています。
今回は、動画だけでなく、動画の制作過程そのものをPRとして活用することで、岡山県を知っていただくきっかけを増やそうと考えました。
そこで、動画出演者を募集する「ハレウッド俳優オーディション」を開催、岡山をPRする動画をSNSに投稿していただくことを応募要件にしたところ、レベルの高い作品も多数投稿されました。

―本作のアイデアはどこから生まれたのですか?
晴れの日が多く、海・山・街並みなど多彩なロケーションがあることから、映画などのロケに適しており、「君と100回目の恋」、「先生!」、「8年越しの花嫁」など多くの映画などの撮影が行われています。
そこで、「晴れの国」と映画の都「ハリウッド」を掛けた造語「ハレウッド」をテーマに、映画テイストのPR動画を制作することにしました。
今回の作品のテーマは観光。ゾンビが出てくるホラー映画と観光という、全く異なるイメージのものを組み合わせることで、今までにない面白い動画ができるのではというチャレンジ精神から生まれました。

―こだわったポイントを教えてください。
「ホラー」という自治体PR動画としては、あまりないジャンルにチャレンジしたこと、「オーディション」の応募要件を「県ゆかり」の人に限定せず、また8092(ハレクニ) 才まで可能としたこと、動画だけでなく、動画を制作する過程全体をPRに活用したこと。
また、メディア発表会は東京で行いましたが、地元記者クラブへもインターネット中継を 行うことで、露出を増やす工夫をしたことが挙げられます。

―動画を公開してから、周囲の反応はいかがでしたか?
オーディション応募動画など、関連動画を含めると26万回を超える視聴数になっています。
特に『The Land of Sunshine(ザ・ランド・オブ・サンシャイン)』は、ゾンビを用いた動画のためか、海外からも視聴されています。
また、オーディション参加者の応募動画の視聴を通して、これまで岡山に関わることがなかった人へも岡山の情報を届けることができました。
メディアにも9月11日「News ZERO」、「Oha4」、「News every」などで、動画制作・前野朋哉監督の密着取材を放送し、10月25日放送の「めざましテレビ ココ調」2017ご当地動画グランプリで3位になりました。

―ありがとうございました。

■前野朋哉監督の受賞コメント
この度は、「旅もじゃ賞」にご選出いただきありがとうございます。
受賞を機会に、よりたくさんの方に作品をご覧いただき、あわよくば岡山に足を運ぶきっかけとなったら嬉しいです。短い作品ですが沢山の人の想いが詰まっています。
賞は関わったキャスト、スタッフ、そして岡山の方々と喜びを分かち合いたいと思います。

■今回の映像
『The Land of Sunshine(ザ・ランド・オブ・サンシャイン)』
>>動画はコチラ

■岡山県の旅動画をチェック!>>岡山県

取材協力:岡山県総合政策局公聴広報課様

■ご当地映像の裏側アーカイブ >>一覧はコチラ

閉じる

動画投稿フォーム

閉じる

Mail Magazine

旅もじゃでは、旅の魅力を伝えるキャンペーン情報など定期的にメルマガにてお届けします。※登録料は無料です。

もじゃからメールがくるよ!