第7回観光映像大賞 映像作品公募スタート!

旅もじゃ 地元から旅が始まるきっかけサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.03.07

【★動画有り!ご当地映像の裏側】『夢』(長崎県南島原市)

全国のご当地映像の裏側を紹介するこのコーナー。
今回は2017年度第2回旅もじゃ賞に輝いた長崎県南島原市のPR観光ショートフィルム『夢』(※写真①~③)について、本作を監督された野上鉄晃さん(※写真⑤)にインタビューを行いました。
「人生でたった1日だけ過去に戻れるなら」と、生涯愛し続けた女性と過ごした日に戻る主人公の不思議な1日を描いた本作。 さてどんな裏側があったのか早速伺っていきましょう。

―本作の舞台である南島原市(※写真④)について教えてください。
南島原市は、長崎県の南部にある島原半島にあります。肥沃な大地に恵まれており、全国屈指のそうめんの産地です。
歴史的にも島原・天草一揆(島原の乱)が勃発した原城跡があります。ちなみに、原城跡は今夏の世界遺産登録が見込まれています。
まさに自然や歴史を背景とした世界の宝ものを持つまちだといえます。

―動画制作のきっかけを教えてください。
南島原市は平成18年に合併した若い自治体なので、知名度が低いことが大きな課題の一つです。
そこで、知名度の向上などを目的にこれまでシティプロモーション事業に取り組んでいます。今回、動画を制作したのも、シティプロモーション事業の一環です。
制作にあたり、関係者と話し合いながら、単に観光名所を紹介するものではなく、しっかり感情に届き、長く愛される作品づくりを心掛けました。

―本作のアイデアはどこから生まれたのですか?
作品のアイディアが生まれた理由は、まずは南島原市を知るところからでした。
観光動画制作のお話をいただきディレクターとしてこの場所を調べました。
真っ先に、島原・天草一揆(島原の乱)の舞台である原城跡は目をひく場所です。
そして原城跡という日本歴史上最大の悲劇の一揆があった場所を訪れたのをきっかけに、南島原市の自然や食、人に触れ、深くこの土地を知る内に観光動画のテーマも決まりました。
 それは、決して悲観的なものではなく、この動画の最後にも出てくるテーマから昇華させたコピー「強く、美しく、愛はつながる」と、まさにこの土地が一度荒野と化した場所から人々が愛を受け継ぎ、また確かな愛があるから繁栄してきたという事実そのものでした。
自然が美しい、おいしい特産品がある、人が親切だけではない、この強く美しく愛をつなげて繁栄してきたことを根底に据えて、観光動画ですが「物語として描く」ことで、南島原市を厚みを持って表現したいとの思いに駆られました。
 そんな折に物語の題材として、奇遇にも知った若くして死に別れた1人の女性を思い生涯を独身で生きた男性が示した「一貫した強く美しい愛の形」と南島原市の持つ今回のテーマが重なり、南島原市観光ショートフィルム「夢」 のアイデアは生まれました。

―動画を公開してから、周囲の反応はいかがでしたか?
平成30年3月5日現在で累計視聴回数(※1)86万回を超えました。
地元の新聞や雑誌、ラジオで紹介されたほか、 NHK長崎のニュースで全編を放映していただいた結果、 ネット上では、「たった8分の動画とは思えない程、ストーリーと音楽、そして南島原市の素敵な景色が詰まっていました」 「いつか必ずここに旅行しに行きたい」「何回でも見たくなる」といったありがたいコメントをいただいています。
※1:累計視聴回数:YouTube動画視聴回数とFacebook動画視聴回数の合計

―お話いただきありがとうございました。

■今回の映像
『南島原市観光ショートフィルム 「夢」』
>>動画はコチラ

■長崎県の旅動画をチェック!>>長崎県

取材協力:南島原市役所秘書広報課様

■ご当地映像の裏側アーカイブ >>一覧はコチラ

閉じる

動画投稿フォーム

閉じる

Mail Magazine

旅もじゃでは、旅の魅力を伝えるキャンペーン情報など定期的にメルマガにてお届けします。※登録料は無料です。

もじゃからメールがくるよ!