観光映像の頂上決戦 ― 日本一の栄光はどの地域に!?

観光ビデオ・CM大募集

2012年よりスタートした「観光映像大賞」も2017年には第6回を数え、全国各地に存在する観光映像を広く一般公募し、様々なジャンルの作品が集結。462作品もの応募がありました。
旅が始まる きっかけサイト「旅もじゃ」では、観光映像大賞応募作品を中心に、一般から投稿された動画も都道府県別に紹介する他、公式キャラクター「もじゃ」が各地のキャラに地元の魅力を語ってもらう「ご当地キャラ対談」といった全国各地の魅力を発信する企画も展開しています。
また、ショートショート フィルムフェスティバル & アジアの中では、観光映像大賞と旅もじゃのコラボイベントとして、観光映像大賞ファイナリスト作品を上映する他、全国各地のご当地キャラを招待してご当地PRを行うイベントや、話題となった地域映像クリエイターを招いてのセミナーも実施しました。

2018年の第7回開催に向け、2017年8月1日(火)より一般公募をスタート。全国各地からの魅力ある観光映像をお待ちしています。

旅もじゃ

第7回観光映像大賞 応募要項

■主催: ショートショート実行委員会 観光映像課

■参加費: 無料

■参加対象者: 不問

■対象作品:
・日本全国47都道府県で制作された観光プロモーション映像・映画・ビデオ
・“観光や地域振興”という観点で創造性、振興性、話題性のある作品
・CM的な要素を含みながら、見た人にインパクトを与え、心を打つ作品
・各地域の自治体、団体(組合等)、企業(旅行会社、広告会社等)、個人が制作・保有している作品
・使用した楽曲等についても、ウェブ配信やイベント上映などが権利上可能な作品

■対象外作品:
・過去に観光映像大賞へ応募した作品
・未完の作品や、予告編
・応募後に旅もじゃでの本編公開(YouTube埋め込み)ができない作品
・公序良俗に反するもの、反社会的、性的、暴力的な描写のある作品

■作品の長さ: 60分以内(エンドクレジット含む)

■制作年: 不問

■応募期間・表彰について:
○観光映像大賞(観光庁長官賞)
2017年8月1日(火)~2018年3月31日(土)応募作品より1作品選出(予定)
※観光映像大賞授賞式で賞状を授与。
○旅もじゃ賞
ショートショート実行委員会が運営するご当地まとめサイト「旅もじゃ」が選出するアワード。 1.2017年8月1日(火)~10月15日(日)応募作品より1~3作品選出
2.2017年10月16日(月)~12月31日(日)応募作品より1~3作品選出
※選出作品は、旅もじゃサイトで発表いたします。

■受賞発表:
○観光映像大賞
2018年6月(予定)。
※米アカデミー賞公認アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)2018」内で発表を予定。
○旅もじゃ賞
1.2017年11月15日(水)旅もじゃサイトで発表を予定。
2.2018年1月31日(水)旅もじゃサイトで発表を予定。

■応募方法:
1) 旅もじゃ内「第7回観光映像大賞応募フォームより作品エントリー
2) 下記のどちらかの方法で作品を提出(原則①の方法をお取りください)
①視聴できる映像の視聴URL(YouTubeのみ。限定公開不可。)
②QuickTimeの映像データ(必ずパソコンでデータが取り出せるDVD-Rを下記住所まで配送)
※配送でのご応募の場合、下記まで応募フォームと共にお送りください。
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-12-8 SSUビル4F
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018
ショートショート実行委員会 観光映像課
Tel: 03-5474-8844
Mail:kanko@shortshorts.org

■選考について
ショートショート実行委員会 観光映像課が行います。
選考に関わる如何なるご質問にもご返答は致しかねます。

■応募後の作品取扱いについて
・映像本編は原則「旅もじゃ」に掲載させていただきます。
※掲載は応募後随時YouTube埋め込み形式で行い、YouTubeで配信停止や削除となっていることを確認した場合、事前の予告無しに「旅もじゃ」より削除いたします。
※その他「旅もじゃ」への掲載が不適切であると実行委員会が判断した作品は、掲載を見送らせていただく場合がございます。
・応募作品は期間の限りなく、「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)」「観光映像大賞」「旅もじゃ」の名のつくオンライン配信、オフライン配信、上映会で本編が流れる可能性があります。

第6回観光映像大賞

『Go! Hatto 登米無双』(宮城県登米市)

第6回観光映像大賞(観光庁長官賞)
『Go! Hatto 登米無双』(宮城県登米市)

第6回観光映像大賞授賞式

第6回観光映像大賞授賞式
(左から)受賞者として賞状を受け取る登米市長 熊谷盛廣氏、プレゼンターの観光庁 観光地域振興部長 加藤庸之氏。

第6回観光映像大賞を受賞された、登米市の熊谷盛廣市長からのコメント
観光映像大賞(観光庁長官賞)を受賞できましたこと、大変うれしく思っております。
これからも私たち自身が郷土に誇りを持ち、ますます全国に登米市の魅力を伝えることができるよう取り組んでまいります。
また、今年度も市民の皆さまに出演してもらい、第2弾の動画を一緒に作り上げてまいりますので、どうぞご期待ください。

第1回~第5回観光映像大賞

『もうひとつの京都』(京都府)

第4回観光映像大賞(2015年)
『もうひとつの京都』(京都府)

『うつくしいひと』(熊本県)

第5回観光映像大賞(2016年)
『うつくしいひと』(熊本県)

『おしい!広島県』(広島県)

第2回観光映像大賞(2013年)
『おしい!広島県』(広島県)

『仙台・宮城 結び旅』(宮城県)

第3回観光映像大賞(2014年)
『仙台・宮城 結び旅』(宮城県)

『くまもとで、まってる。』(熊本県)

第1回観光映像大賞①(2012年)
『くまもとで、まってる。』(熊本県)

『うどん県。それだけじゃない香川県』(香川県)

第1回観光映像大賞②(2012年)
『うどん県。それだけじゃない香川県』(香川県)

第7回観光映像大賞応募フォームはこちら