第7回観光映像大賞 映像作品公募スタート!

旅もじゃ 地元から旅が始まるきっかけサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

篠山が生んだ偉人- 百科事典をつくった男下中弥三郎

2017.03.31

篠山が生んだ偉人- 百科事典をつくった男下中弥三郎

  • 兵庫県
  • 篠山市視聴覚ライブラリー

平凡社を創立し、日本の百科事典の出版に力を注いだ下中弥三郎は、明治11年(1878)、兵庫県今田村立杭の陶工の家に生まれる。幼くして父と祖父を亡くし、小学校を三年でやめ家業を継ぐ。立杭では、「土練り3年、ろくろ6年」と言われていたが、弥三郎は、努力の末、たった3年で一人前の陶工として認められるようになる。弥三郎は、­厳­し­い労働の合間にも、窯の火の灯りで本をむさぼり読み知識を吸収。その後、教師の道を歩むことになる。 大正3年(1914)、埼玉師範の教員だった弥三郎は、学生の試験答案をみて一冊の本の執筆を思いつく。新聞の新語・故事熟語の解説と実用文字便覧を合わせたポケット用語辞典『ポケット顧問や、此は便利だ』(愛称『や便』)である。 この本の出版がきっかけとなり平凡社を創業。一年間で3万部も売れ、平凡社は幸先のよいスタートを切る。

Keyword

  • 人物
  • 伝統
  • 歴史
  • 観光映像大賞

閉じる

動画投稿フォーム

閉じる

Mail Magazine

旅もじゃでは、旅の魅力を伝えるキャンペーン情報など定期的にメルマガにてお届けします。※登録料は無料です。

もじゃからメールがくるよ!