第7回観光映像大賞 映像作品公募スタート!

旅もじゃ 地元から旅が始まるきっかけサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春に行きたい御船山楽園の花まつり

2014.05.02

春に行きたい御船山楽園の花まつり

  • 佐賀県
  • れぽ

日本で春の花と言えばもちろんサクラですが、サクラの見ごろの時期って意外と短いものですね。
その点こちらの御船山楽園ではサクラももちろんですが、サクラの季節が終わってもつつじや大藤などのたくさんの春の花が長い間楽しめます。
この花まつりは今年で169回目を迎えるという大変歴史のあるもので、サクラの時期の夜のライトアップは九州で最大規模を誇っていて、御船山のふもとには御宿竹林亭と御船山観光ホテルという2つの宿泊施設がありますので、ゆっくり泊まりがけでお花見を楽しむのにも大変便利ですよ。
※2014年花まつり:3月21日~5月6日まで開催

御船山は300万年も前に有明海が隆起してできた山と言われ、そこに5万株20万本ものつつじが植えられ、サクラは5000本にも上ります。
大藤の樹齢はなんと170年。広さも20m四方に広がり、幻想的な藤棚を大迫力で楽しんでいただけます。170年もこのように素晴らしい花をつけ続ける大藤で、御船山楽園の歴史の長さを感じていただけるのではないでしょうか。

また御船山楽園にはその他にもカエデの群生するひょうたん池や、同じく樹齢が170年の大モミジもあります。またなんと樹齢300年と言われる大楠もあり、ひときわ大きな存在感を放っています。
今から1300年前には行基が御船山に入山し、その時に釈尊像3体と五百羅漢を彫り、洞窟に安置したという伝説が残っていますので、御船山楽園にいらした際には是非こちらもご覧ください。

御船山楽園には福岡空港からは地下鉄やJRで約1時間20分、長崎空港からはタクシーで40分、佐賀空港からはタクシーで1時間という距離です。
新幹線の場合は、博多駅から佐世保線の特急に乗り換えて1時間の距離にある武雄温泉駅で降り、そこからはタクシーで5分で着きます。
またお車の場合は長崎自動車道の利用が便利です。
いずれにしても最寄りの駅からは少し距離がありますので、1~2泊するつもりでゆっくりお越しになることをお勧めします。

Keyword

  • 旅レポ
  • 風景

閉じる

動画投稿フォーム

閉じる

Mail Magazine

旅もじゃでは、旅の魅力を伝えるキャンペーン情報など定期的にメルマガにてお届けします。※登録料は無料です。

もじゃからメールがくるよ!