第7回観光映像大賞 映像作品公募スタート!

旅もじゃ 地元から旅が始まるきっかけサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

加賀百万石の人気者、あの義経の究極の伝説とは

2014.05.23

加賀百万石の人気者、あの義経の究極の伝説とは

  • 石川県
  • れぽ

むかしから加賀百万石と称えられた石川県の領内は、前田利家の時代に関が原で徳川家についたことから、100万石を超える領地を納めることになり、隆盛を誇ったと言われています。
そんな加賀百万石の栄華のほかにも、数々の伝説が残る石川の地を旅行に行ってきました。

冷たい海風が和む春の日本海です。
海岸線は日本海の荒波に削られ断崖絶壁の名所がたくさんありますが、特に有名なのは学生時代に苦労して読んだ『0の焦点』の舞台となったヤセの断崖が有名で、高さ35メートルと言われる断崖絶壁は覗き見ることができないほど切り立っています。
よくテレビドラマのサスペンス物でも見かけるあの崖の場所でもあり、たしかに痩せる思いがすると言われる崖に立つと、名称の「ヤセの崖」が妙に納得できます。

この崖から少しの場所に、今回どうしても見たかった「義経の舟隠し」と言うところがあります。
全国各地に義経伝説はありますが、難を逃れて中国大陸に渡りジンギスカーンになったという北海道の伝説以上の場所がここなのです。

義経の舟隠しは崖の間にできた入り江のことで、兄である頼朝に追われ奥州平泉に逃れる途中、この地域に立ち寄ったそうです。
暴風雨を避けるため、この入り江で休息したことから義経の舟隠しと名付けられたそうですが、その船の数はなんと48隻もあったそうです。まずはその舟隠しをご覧ください。

映像にもあるように、この程度の船なら2隻から3隻程度で一杯になる入り江です。
ひょっとすると公園の池に浮かぶ手漕ぎボートなら……とも考えましたが、それでも無理かなあと思って、まさに義経伝説と納得したわけです。
ちなみに、この近くには義経が叩き切ったと言われる一太刀岩と、怪力弁慶が二回かけて切ったと言われる二太刀岩もあります。
もちろん主役?の義経は綺麗な切り口となり、弁慶が切った岩は切り口がボロボロになっています。
この類になると兜を焼肉の鍋に使ったジンギスカン伝説よりもすごいなあと思ったわけです。
この加賀百万石が追われた義経に人気があった地域の名残りなのでしょう。

Keyword

  • 旅レポ
  • 歴史
  • 風景

閉じる

動画投稿フォーム

閉じる

Mail Magazine

旅もじゃでは、旅の魅力を伝えるキャンペーン情報など定期的にメルマガにてお届けします。※登録料は無料です。

もじゃからメールがくるよ!