第8回観光映像大賞 ファイナリスト発表!

旅もじゃ 地元から旅が始まるきっかけサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【京都府春だからこそ行きたくなる嵐山】

2014.06.27

【京都府春だからこそ行きたくなる嵐山】

  • 京都府
  • れぽ

京都は日本のみならず、世界中から観光客が訪れる都市です。それだけに、いたるところに観光スポットが点在しています。それぞれ特徴的な魅力があるので訪れる時期を工夫すると最大限楽しめるかもしれません。もし、春に京都を訪れるのであれば嵐山をお勧めしたいと思います。

嵐山といえば秋の観光を思い浮かべる方が多いかもしれません。紅葉が美しいことと、月が美しいことで知られています。そのため、多くの方が秋に訪れるのですが、秋に劣らず春も素敵です。春に嵐山がお勧めの理由は、春にしか楽しめない魅力がたくさんあるからです。その一つに挙げられるのが桜です。嵐山の魅力は自然と文化遺産が一体になっている点にあります。新緑と桜の色が美しい山を眺めながら、大覚寺や二尊院、法輪寺などの文化遺産を巡ることができます。歴史上の貴族が愛した景色を楽しめるので、ここでしか味わえない春が楽しめるといえるでしょう。

しかしながら、桜の季節は4月上旬の1週間から2週間程度ですよね。楽しめる時期が短いので、予定が合わない方はお預けとなってしまいます。こうした方でも嵐山を楽しむ方法はあります。実は、先ほど紹介した二尊院には毎年4月下旬に満開を迎える二尊院普賢象桜と呼ばれる珍しい桜があります。こちらはソメイヨシノとは満開を迎える時期がずれるので、4月上旬に予定の合わない方でも楽むことができるはずです。つまり、嵐山に出かければ4月中であれば桜と新緑、さらに文化遺産を楽しむことができるのです。これらのエリアは観光地なので、ライトアップされた夜桜や美しい月を楽しむことができます。少し暖かくなった春に出かけるには最高の観光地ということができるでしょう。

以上の魅力があるので、春の観光スポットとして嵐山がお勧めです。秋に出かけた方は多いはずですが、春は少ないのではないでしょうか。新たな嵐山の魅力を堪能したい方は、春に出かけてみてはいかがでしょうか。

Keyword

  • 旅レポ
  • 風景

閉じる

動画投稿フォーム

閉じる

Mail Magazine

旅もじゃでは、旅の魅力を伝えるキャンペーン情報など定期的にメルマガにてお届けします。※登録料は無料です。

もじゃからメールがくるよ!