第8回観光映像大賞 ファイナリスト発表!

旅もじゃ 地元から旅が始まるきっかけサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美しき日本 奈良 野迫川村 荒神社

2018.08.08

美しき日本 奈良 野迫川村 荒神社

  • 奈良県
  • 上北山村

豊富な雨が育んだ、日本を代表する原生林 大台ケ原は、吉野熊野国立公園の中心に位置する標高1,300~1,695mに広がった隆起準平原で、年間雨量が4,500mmを超える世界有数の多雨地域です。 豊富な雨は湿潤な気候条件を生み出し、日本を代表する原生林を形成しました。かつて大台ケ原は「魔の山」「迷いの山」として人々に恐れられる森でもありました。 江戸時代になると、神秘の森とひとつになりたいと願う行者や、深い森に新薬の材料を求める採薬師らが新天地を求め、手つかずの森に足跡を残すようになります。 やがて一般の人々も気軽に入れる森となりましたが、今でも恐ろしい言い伝えが残っています。山に入ると「一本たたら」という妖怪に生き血を吸われるというのです。「一本たたら」は、豪雨などの厳しい自然現象や山の守り神をあらわすと考えられます。魔物の話を通して、謙虚な気持ちで自然と接するようにと人々を戒めてきたのかもしれません。

Keyword

  • ドキュメンタリー
  • 観光映像大賞

閉じる

動画投稿フォーム

閉じる

Mail Magazine

旅もじゃでは、旅の魅力を伝えるキャンペーン情報など定期的にメルマガにてお届けします。※登録料は無料です。

もじゃからメールがくるよ!