第8回観光映像大賞 ファイナリスト発表!

旅もじゃ 地元から旅が始まるきっかけサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旅レポ【山口県】春には素朴で温かい山口県へ

2014.07.02

旅レポ【山口県】春には素朴で温かい山口県へ

  • 山口県
  • れぽ

山口は四季折々の季節の変化を楽しめます。春の萩は、秋吉台の山焼きから始まり、花と緑に囲まれます。
萩は今でも江戸時代の街並みをそのまま残した町並みがありますので、
気持ちよく歩いて観光を楽しめる春はうってつけの季節でしょう。
江戸屋横丁、菊屋横丁、伊勢谷横丁の街並みは、違う時代にタイムスリップした感覚にもなれるものです。江戸屋横町には、故高杉晋作の生家のそばに石碑があります。

温暖な気候で秋吉台をドライブし、萩の街並みを散策し、萩焼をめでたあとには、「割烹あじろ」がお勧めです。
なんといっても、山口の食材は日本海側で一番の品質です。努力と研究を怠らない県民性が、
農業技術にも表れ、学習と実行の結果生まれた美味しい農産物でいっぱいです。
そして、海産物も美しい海からほんの何十分も離れていない場所で人の手から手へと届けられるので新鮮で、上等なものだけが食べられるのです。

「あじろ」は、正統派の割烹です。萩焼のお茶碗をたくさん使って食べさせてくれます。
そして、小泉元総理大臣も立ち寄ったといわれています。うに丼が絶品で、柔らかくて新鮮なウニが食べられます。
そして、はぎを堪能した後は一足伸ばして下関です。こちらとがらりと雰囲気が変わって開放的で気さくな街です。
ドライブスポットとしては何といっても彦島です。ここは、日本中の風景好きをうならせる絶景の島です。
絶対行ってください。青い海と空の間をどんどん空気を切って走る感動を体験できます。

お土産には彦島味噌をどうぞ。山口県では麦味噌が主流なのですが、甘みがあってさっぱりとしています。
彦島味噌は数ある麦みその中でも、県内のグルメの人も必ず求める人気の味噌です。
お味噌汁は味噌こしとすりこ木で、麦の実を余さずつぶして入れてくださいね。
そして、下関でおなかが減ったら、瓦そばです。さっぱりとした茶そばを瓦の上で焼いて、
紅葉おろしとレモンで食べます。フグは冬になってからダイダイと一緒に食べるので、
フグが食べたいときはまた来てくださいね。

Keyword

  • 旅レポ
  • 風景

閉じる

動画投稿フォーム

閉じる

Mail Magazine

旅もじゃでは、旅の魅力を伝えるキャンペーン情報など定期的にメルマガにてお届けします。※登録料は無料です。

もじゃからメールがくるよ!